赤土凝集沈降剤(ぴたソイル)とは

自然への負担を軽減できる、安全性の高い無機系凝集剤です。

酸化カルシウム及び酸化アルミナを主成分とする中性剤に着目し、取り扱いやすい液状にし、処理後のフロックが再溶散しない単純ろ過による処理が可能になりました。

ぴたソイルの特徴

  1. (1)無機質を主成分としており二次汚染の心配がありません
  2. (2)ぴたソイル使用によるペーハー調整の必要はありません
  3. (3)水質によりますが、基本的に単品使用で済みます
  4. (4)ぴたソイルは液状ですので、保管上の問題がありません。
  5. (5)SS濃度の高い水に強力に早く反応します、濃度により使用量の調整が安易です。
  6. (6)無機質、有機質、PH、等に関係なく疑集します。
  7. (7)凝集フロックの再溶散、拡散が少なくろ過が容易です。

ぴたソイル使用拡大の可能性

  1. (1)養殖池の水質改善…(安全性 当社試験済み)
  2. (2)畜産排水の浄化…(今後業者との強力試験を予定、能力紹介)
  3. (3)工場排水の処理…(重金属を除く)
  4. (4)下水道排水の有機物処理…(重金属を除く)

ぴたソイルは環境に優しく無害

ぴたソイルは無機質を主成分としているため無毒で中性なのが特徴です。

沿岸域での栽培漁業に対する影響もまったく心配がありません。その安全性の高さは財団法人「日本食品分析センター」の試験報告で実証されています。

魚類による急性毒性試験

1:試験目的

検体の魚類に対する急性毒性を調べる

2:検体

ぴたソイル(濁水処理凝集沈降剤)
形状等:液状

3:試験結果

(1)LC50値
液体の24及び48時間LC50値を下記に示した。

24時間LC50 24時間LC50
10,000以上 10,000以上

 

(2)濃度と死亡率

各濃度の試験区における時間ごとの死亡率と開始時及び終了時のpH値並びにDOを下記に示した

試験濃度
(mg/L)
死亡率(%) 開始時 終了時
2時間 4時間 pH DO
(mg/L)
pH DO
(mg/L)
10,000 0 0 8.5 8.3 7.6 6.8
7,000 0 0 8.4 8.3 7.5 6.6
5,000 0 0 8.3 8.3 7.5 7.0
3,500 0 0 8.1 8.3 7.5 7.4
対照区 0 0 7.7 8.3 7.5 6.7

※ ぴたソイル魚類毒性試験の検査報告書 → PDF