ご挨拶

平素は、りゅうせき商事並びにりゅうせきグループに格別の御高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

私たちりゅうせき商事株式会社環境事業部てぃーだは、沖縄県内の赤土流出防止に取り組むことによって、沖縄の豊かな自然と青い海を守るための事業を展開しています。

平成3年、当部署の前身である株式会社ていだが設立されました。株式会社ていだでは、公共工事等によって発生する法面からの赤土流出保護剤として「ポリソイル」を開発し、民間の開発造成等で試験施工を繰り返しながら実績を積み上げました。

また、赤土流出防止のさらなる発展のためには、行政による公的な規制が必要不可欠と考え、国や県に対して積極的に働きかけました。その甲斐あって、平成 7 年 10 月に『沖縄県赤土等流出防止条例』が施行されることとなりました。

その後、法面以外の工事現場から発生する赤土による濁水を浄化処理するために液体凝集剤「ぴたソイル」を開発し、併せてこの凝集剤による凝集・沈降効果を高めるための機械装置(プラント)を開発しました。

赤土流出防止条例の制定と、ポリソイル・ぴたソイル(プラント)の開発によって、現在では公共工事による赤土の汚染を未然に防ぐことができるようになりました。

平成 13 年1月より、株式会社ていだの事業はりゅうせき商事株式会社が承継することとなり、『環境事業部てぃーだ』として再スタートし現在に至っています。

これからもりゅうせき商事株式会社環境事業部てぃーだは、赤土流出防止を含めた環境事業に真剣に取り組んでまいります。今後とも倍旧のご懇意とお引き立てを賜りますよう心からお願い申し上げます。

 

りゅうせき商事株式会社環境事業部てぃーだ
執行役員部長 大城 康一